HOME>アーカイブ>身体の内側からがん細胞にアプローチする治療法
医者

人間が本来有する免疫システム

免疫療法とは、近年大阪でも注目のがん治療の一種です。それまでのがん治療と言えば、手術による外科治療をはじめ、抗がん剤による化学療法や放射線療法が一般的でした。これら三大治療に加えて免疫療法が、第四のがん治療と呼ばれています。当治療法は人間が本来有する、免疫システムを活用する方法です。体の内部からがんにアプローチするので、副作用など身体への負担が少ないのが特徴です。免疫システムは、外敵や有害物質を認識し、攻撃したり排除したりするものです。その中心的な役割を担っているのが、血液中の白血球です。体内ではがんの元になる異常細胞が、絶えず発生しています。それを白血球を中心にした免疫しすてむにより、無害化したり排除したりしています。その免疫システムに異常が生じると、異常細胞を排除できなくなり、がん細胞が増殖するわけです。

治療効果が持続する

免疫療法とは、免疫システムを人工的に強化して、がん治療につなげたものです。手術や抗がん剤などの治療が外部からアプローチするのに対して、免疫療法は本来の免疫システムを活かすものです。身体を建物に喩えれば、室内工事のようなものです。当治療法は他のがん治療と比べて、効果が現れるのに時間がかかります。但し、一旦効果が現れれば、長く持続するという特徴があります。これが他の治療法とは異なる、優れた点だと言えます。他の治療法ではがんが消えても、再発のリスクがあります。それに対して免疫療法では、治療を継続する限り、がんの発生リスクを抑えられます。何より、抗がん剤治療のように髪の毛が抜けたり、副作用で気分が悪くなったりすることもありません。加えて、他の三大治療と組み合わせて治療が受けられるので、さらなる治療効果を発揮できます。大阪での免疫療法は、治療の着眼点の違いにより細かく分かれています。たとえば免疫システムの細胞を強化する方法は、免疫細胞療法と呼ばれます。

広告募集中